忍者ブログ
15 November

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

23 March

【PSU】フォトンアーツレベル上げ

 PSUの技や呪文にあたるのをフォトンアーツと言うのですが、そのレベル上げをしていました。
 最近妙にPSUが楽しくてですね。でも悪い癖でメインがキャスト(ロボ生命体。魔法が苦手)のアクロテクター(補助魔法使い。攻撃力だけがないバランス職)で、セカンドがニューマン(魔法が得意でやや貧弱)のハンター(接近戦職)なものなので、基本的に地味なんですよ。攻撃力が無さすぎる…。

 まあ、全くそのあたりは構わないところなので、のんびり自分なりの楽しみを追求している訳で。
 セカンドのカイエンさんですが、ロマンのツインダガー使いです。ツインダガーは打撃数が多いので、一発のダメージが低くてニューマン向きでは無いようなのですが、耳の長い人がくるくるしゅばしゅば素早しこく動くのがロマンな訳なのですよ。ツインダガーの通常アタックのモーションは格好いい。
 そんな訳で、もっとしゅばしゅば格好よく動いて欲しいとツインダガーのスキル(接近戦用のフォトンアーツをスキルと呼ぶのです。このあたりがちょっとややこしい…)のレベル上げをしていました。1+10Lv刻みで性能があがるのですが、スキルは連続入力することで、だいたい3段(スキルごとに差がある)まで次々と違うモーションで攻撃してくれてこれがかっちょ良い。PSUの魅力の一つだと個人的に思っております。
 で、その連続攻撃は性能が上がらないと派生してくれないので、モーション見たさに必死上げ。カイエンはかっちょ良いスキルを体現することが私の中の役割なのですよ。

 具体的にどう上がるかというと、目標に1以上のダメージ(効果)が通った回数が経験値となって蓄積していきます。使い込めば使い込むほど…と言えばそれっぽいのですが、フォトンアーツの経験値に効率的な動きと、通常の経験値に対して効率が良い動きは実は共通していないので、普通に狩りをしていてもなかなか上がらないという仕様なのです。沢山習得していて満遍なく使っていると尚更遅いという…。
 普通の経験値は少ない手数=時間とお金で、沢山の敵を倒したほうがいい訳ですが、フォトンアーツの経験値は倒すとこはあまり関係なく、兎に角沢山技を当てまくることな訳で、倒しやすい敵より、倒しにくい敵のほうがいい訳です。一度の入力で沢山の的に当てられる技は、兎に角沢山巻き込んだほうが時間とお金とボタンを押す指に優しいなどなど…。



 それでこんな図式になる訳で。
 普通はミッション1回を30分程度でできるレベルでやるものなのですが、1つのミッションに1時間半掛けて、しかもクリアーしないとかそんな感じ。当然、ミッションクリアが条件となっているジョブ経験値にあたるものは、この間全く入らない訳で。敵のドロップの数も限られるからお金も回復材でがりがり減るぜ!!
 でもお陰で、その1時間半で13Lvだった猛舞凄連斬が18Lvに(゜∀゜*)
 おおおおお、これはすぐに21Lvになって三段目解禁だな?!

 と、思ってがんばったら、ハンターはスキルが20Lvまでしか使えないことが判明…orz

 上級職に転職しなきゃ…。




 ツインダガーのSクラスが使えるウォーテクターになることにしました!(`・ω・´)
 ハンターはすでに4LVだったので、サードのフォーマーから装備とテクニック(呪文に当たる杖用のフォトンアーツをこう呼ぶ)を引っぺがし、フォースへ転職。
 おお!さすがニューマン!敵が紙屑のようにテクニック一発で敵がぐしゃばた倒れていくぞ!!よーし!さっさとフォースLvを5にしてウォーテクターになってやるぜー!!!!!



 …あきたー(´Д`;)



 育ててすらいないフォースのテクニックは、つまるところ、殆どファーストが嘗て使っていて、使用頻度が低いと見限ったテクニックたちなので、単体攻撃が殆どでかったるい。しかも、ファーストのアクロテクターという職は呪文発動が早いという職業特性が在るせいで、長杖の発動の遅さに耐えられないー!だがしかしファーストから装備やらテクニックやら剥いで来るのは面倒割くてそこまではしたくないぜ!
 まぁ、のんびり育てますわー。


 そして、「ダム系って、鍛えたら強いんじゃね?」とか思い立って、ファーストキャラのほうのフォトンアーツ上げに走るのでした。

拍手

PR