忍者ブログ
22 November

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01 September

TIGER & BUNNY THE LIVE の有料配信を見た

・T&Bのプロデューサー(通称ウロボロスP)が、全力でプロデュースしている
・脚本がオリジナルだ!

ということで、恐々ではありますが、見たい気持ちが高まって、でも千秋楽にどさくさに紛れ込むのもなんかリスキーだったので、バンダイチャンネルの有料配信を見ました。




結論:凄くよかった。またやって欲しい。




実は、前振りで、先々週のストリーム配信で舞台の紹介&練習中の様子を見たのですが、虎徹やバーナビーのコスプレをしている平田さんとバニカズは、
正直


…マジこれきっついぞ…?


って、思ったんですよ。正直ナイわ。レベルで思ってたんですよ。その節は本当に済みませんでした。うん。自分でも驚愕しました。役者ってすごい。
演技してると本当に別人になるんだー…。と、いう、有態ではありますか、なかなか実感を伴えないことを実感しました。

なんで舞台に上がるとバニカズがたちまち俺の嫁になるのかさっぱりわかりません。人間の神秘です。



余り観劇しないし、見ても小さな箱の劇を見ることが多いので、背景を埋め尽くす巨大スクリーンによる演出は、初めて見ました。
タイバニファンとして凄く安心しました。ネイサンのファイヤーしかり、ドラゴンキッドの電撃然り。折り紙の能力まで再現してくれて。パワー系が逆に地味だったw

そういう意味で敢えて、一番ケチがついてしまった方を上げるとスカイハイですかね…。
空気に色はないから目立たないし、飛ぶってことがスカイハイのアイデンティティな中、飛んでいる姿を再現するレベルでワイヤーを装着すると演技ができなくなってしまいますし、危ないし…。


でもスカイハイ可愛かったよ!要所要所で可愛かったよ!まじ天使だったよ!
千秋楽前にドクターストップ掛かってしまったので、剥き身のシーンが無くなってしまったのが凄く惜しまれます…。



ヒーロー物っていうと、やッぱり殺陣が一番気になるじゃないですか。
すごく良かった…。本当に良かった…。折り紙先輩が側転するたびに、腹チラ腹筋たまんなかったハァハァハァハァ…!!


折り紙先輩は、見せ場が殺陣で、凄く格好いい。イケメンすぎて心臓が止まる。
三角座りしてたり、パオリンと並んでMOB雑談してたりしてるのが可愛い。可愛いでござる。
最後の見切れずるいでござる。


牛角さんも殺陣が見せ場。でもアニエスさんへのハイテンション凄く良かった。アドリブ可愛かった。
本作の牛角さんが、タイバニ史上一番活躍シーンがある牛角さんと言えよう。
もう本当に格好良かった…。アニメでは死亡フラグも折れたし(死亡っていう見せ場があるキャラのバランス取りみたいな、脚本の偏りはあったと思うんですよ…。)、今後はコメディ不遇担当だけじゃなく、沢山活躍したらいいと思います。


アニエスさんは本当にグラマー。本当に三次元。声がちょっとだけハスキーだけど、声の張り方、立ち姿、ガッツポーズ、マジアニエスさん…!


ネイサンがアニメ準拠で本当に背が高くて(ハイヒールも履いてましたけど)。声も顔も似てて。
一番再現しやすい、アメコミ系スーツのため、劇が進めば進むほど、あれ?ネイサンって三次元に居たんだ?っていうか、配信のカメラワークも手伝って、アニメって何時の間にこんなに立体になったんだろう見たいな感覚に。細かい仕草が秀逸。キャラもあって、アドリブ映えまくり。


ブルーローズは、最初声があれ?って思ったんですけど(しょっぱな出てくるしな…)細かい演技をこだわりぬいていて、直ぐ違和感を忘れました。「もうっ」がまんま過ぎて…!可愛い。本当可愛い。


個人的にはドラゴンキッドが凄まじかった。
カンフーマスターなだけあって、殺陣に手を抜けないぞ!っという気概が伝わってくる演技と演出でした。剥き身も、凄くホァンホァンしてた。ちょっとシャイな感じ。可愛い。凄く可愛い…!!
私は、殺陣の上手下手はよっぽどでない限り解らないのですが、どうやら彼女の殺陣は相当上手なようです。


あと、巻き娘がちゃんと居るぞ!感動した!


バニカズは、アドリブがもうバニカズで…。でもなんかアドリブ調子乗りすぎちゃった後に、壁ガンガン蹴ってるアドリブが本当に可愛かった…。あれがバニカズとバーナビーの間で揺れるバニーとして凄くいい表現だったと思います。
折り紙先輩とバカデミーコンビになってるところも可愛かった。
基本的に虎徹さんが好きすぎるバニーなんだけど、辛辣さは健在なバニーって、どの辺のバニーなんだろうね?楓ちゃんの状態から考えて、1クール目と2クール目の間のようでしたけど。

読みとしては、空白の10ヶ月の割と初期の方。


平田虎徹氏は、私の中で、ヒーローとして酷く偶像化していた鏑木虎徹の、生きてる人間なんだぁー、みたいな感覚があったというか。アニメのインタビュー記事で、アニメの虎徹の台詞は本当に隙の無い本だ、みたいなことも仰ってて、確か演技に緊張感みたいなものがあったんですけど、舞台の上の虎徹さんは本当におっさんだったwいい意味でw
楓ちゃん絡みが本当に可愛かった。

敢えて辛口を言うならば、娘の危機の時の心情の掘り下げっていうか、親としての凄みが個人的に物足りなかった…?気が…?ご本人も「(実際には)子供は居ないから」って言っていたので、私自身、無茶を言っている自覚はあるのですが。(でも、実際と違うものになるのが役者だしごにょごにょ…


そして、楓ちゃんの演技やべぇ…。本当に生の反抗期の小学生みたいな感じだったよ。配信で表情が見れて凄くよかった。バーナビーの話をするときお目目キラッキラ、お父さんに不満を言うときのリアルな不満顔!そして千秋楽限定、バーナビーカラーのサイリウム!wwww(取り出して折ったところで会場喝采



ストーリーも本当に良かったです。凄くすっきりとした、一回捻りの、大変飲み込みやすい王道ストーリーを、設定と演出で分厚くしている感じ。だから、殺陣とコメディ部分が純粋に楽しめましたねぇ。まぁ、悪く言い換えてしまえば話はチープなんですけど。

最後のワイルドタイガーの言葉が、本当に素晴らしくて。確かにヒーローとして、最後に一人の人間を救っていたんです。

おおおおじさぁあぁん…!!





次回があるなら、本気で生観劇のチケット狙うぞー!で、多分配信も見る。

配信には不安があったんですけど、カメラワークが丁寧で、残念賞のオマケでは全然無くて、映像コンテンツとしてちゃんと作られていると感じました。
目が悪い私は、表情の演技まで中々見れないので、逆に良かったです。

そして来週の夜22時にも今日配信したものと同じ、千秋楽夜の部の配信があるのでまた見ます(二度目は無料視聴できるとか有難過ぎる)。
税抜き2kなので、気になる人は見たらいいよ!

http://dome.b-ch.com/tigerbunny


なんか、情熱のままブログ書いちゃったので、恐らく乱文です。
ここまで、ご拝読ありがとうございます。

拍手

PR