忍者ブログ
18 October

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22 June

Dクラッカーズを読み返してしまった!

 いやはや。
 もう半年くらい前ですかね。「BBB」人気にかこつけてあざの耕平祭りとかで表紙を新たにしてDクラッカーズシリーズが再刊行された挙句、プラスとかいう書下ろしまで出やがって、一応確保したんですが、これで私の本棚はオレンジ+黒と、藤色と、緑色背表紙のDクラッカーズが…。私はミーハーではないし、絵を目当てにはしていないので、今回で二度目の新表紙になりますが、私は一冊ずつしか買っていません。
 で、先週、物語が恋しくなってプラスを読んだらですね、やっぱり面白いわけですよ。いやもう萌える。物部景萌える。この、このっ

 このツンデレが~~~~~~~っ!!!

 景ちゃんは実に良いツンデレです。おぬぬめ。てか背が伸びるとかずるい。とってもずるい。くっそ。くっそ、萌える。
 で、こう、プラスで景と梓のやりとりなんか読んでるとですね、ニヤけてしまうんですよ。俺の中のカプの王道は主従だけど、この二人は万全なる女王陛下とその忠実で万能なる僕ですからね。従の方が攻めですからね!!(重要らしい)しかもこう、梓の芯が強いヒロインの可愛げがあるところとか、景の斜に構えてるのとかもうもう貴様ら萌えるじおも!!私の好みに彼らが直球なのか、それとも私の好みが彼らによって作られたのか全く判りませんが、そんなことは些細な問題だ。多分。
 で、萌えがとまらなくて1巻から7巻までじわじわとというか結構一気に読み返してしまいました。あとショート2を何故か持って無かった。良くあるんだ…。私は富士見の長編+短編という構成に懐疑的で短編軽視が強いので。でも多分読んだら読んだで面白いのだろうな。再刊行は私のショート2未所持への救済とみた。有難う富士見!明日にでも買ってこよう。

 やー、忘れたころに読み返すと面白いっすねー。粗筋は知っているものだから、細かい表現に改めてはっとさせられたりね。結構ハイペースで読んでいたので1冊2時間くらいしか掛けてなかったのだけれども。できれは1時間で読み終わらないかなー。そうすればもっとたくさん読んだり読み返したり出来るのにね。
 友情とか、青春時代の自意識とか、守りたい気持ちとか、青臭いけれど捨て置けない何かが私を揺さぶります。

 最近、人の本当の言葉に触れていない気がする。
 本当の言葉を放つには、自らの中に自分という真実を確立していなければならなくて、そういうものは、若いうちはあると信じているけれども仮初で、大人になるとそういうものを考える切欠が激減して、そのうち無くなってしまう。
 でもきっとそれは、私が今中途半端だからだ。私が中途半端だから、周りも中途半端な人間になりがちだし、たとえその中に中身が詰まった人がいても、中途半端な人間に対して中身が詰まった人がさりげない言葉を零しても、心に響かない。他人に、心に響くくらいものを言えというのは傲慢だ。他人は私の人生を背負ってなどくれないもの。

 まあ、何が言いたいかというと、Dクラッカーズを読んで、
 がんばろう!
 と、再確認したってことです。いい話やねー…。

拍手

PR