忍者ブログ
15 November

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08 July

【ワンダと巨像】クリアした。

 …(゜Д゜)
 …(;Д;)ぶわっ

 うわぁぁん、ワンダー!(うДT)そんなー!!

 がんばったのにー!

 あと、ラス巨像前にアグロが   とことかマジ涙出そうだった。攻略読んで知ってたけど、実際に映像になるとあれですよ。

 最初は気づいてなかったけど、久々にプレイしたら、「ワンダ、なんか薄汚れてない?(゜Д゜;)」
 徐々に服や体に傷や汚れが増えて、赤毛だった髪が青黒くくすんで行くという既存のゲームの「主人公はいつだってピカピカ」という常識を覆す非情ぶり。いやむしろ逆説的に人情の篤さを感じる。
 もうほら、最後のほうなんてぼろぼろだから、巨像に突撃されてひっくり返って痛みに動けないでいる姿とかマジ痛々しい訳ですよ…!

 そんなにがんばって、そんなにがんばって、あのエンディング…

 そらなんか希望がありそげな綺麗な纏め方はしてあるけど、恋人の蘇生を願ってボロボロに戦い抜いた「ワンダ」という個人は…!(;Д;)
 そりゃ確かに最後のしめかたに救われたけのは事実だけどさ、ああああ、ワンダー(つД`)あーぐーぐー


 苦戦しまくってぼやいてた13番目の巨像は時間(という名の慣れ)が解決しました。キーワードは「後ろから追っても追いつけない」。

 14番目の巨像は3回くらいコンテニューさせられました。一度チャージ食らうとハメになりがち;キーワードは「レッツチキンプレイ。安全確認してから落ち着いて降りましょう」。

 15番目の巨像はただデカイだけだった。体登らないしなんか拍子抜け。…まぁ、攻略読んでから挑んだからなんですがね。巨像には攻略読むと内容がなくなるものと、攻略読んでも時としてどうにもならないものに二種類が存在する訳で。

 ラスト巨像は、久々に、実に、登り甲斐にあふれる巨像だった。ラストに相応しい巨大さ。15番や3番はでかいけどぎりぎり巨像だったけど、ラスト巨像は動かないしごっついスカート履いてるしで、巨像というより「塔」だった。…時々身震いする塔だけどな。
 巨像の足元に行く前の移動の時に、苦手な背面飛びポイントがあってそこで3回くらいコンテニューして泣きそうになった…。
 15番もそうだけど、どうにも「手」に飛び移るのが苦手で妙に苦戦。仕方ないので右手には渡らずに左腕から直接左胸に飛びつきましたよ…。


 ワンダと巨像はどうやらなんか色々ロマンにあふれている裏技がたくさんあるらしい。祭壇の上には行ってみたいけど、握力を増やすために光るトカゲを9匹くらい食えとかまずそれがどうしたら…!


 俺が見つけたコッソリ要素。北の荒地の中にある小さなオアシスでアグロを放っておくと、アグロがオアシスからお水を飲みます。和む。

拍手

PR