忍者ブログ
15 November

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09 July

【ワンダと巨像】二周目開始。

ずっと書き逃していたので最初にウェブ拍手レス。
>改装乙!( ゜д゜ )ゝエンター絵未実装でウワアン。
乙ありー(*´へ`)ゝ …耐えねばならぬのだ…!


 タイムアタック目当てで2周目開始しました。結果は一番目を2分オーバーだとかバロス!!
 俺はゲーマーじゃなくて同人屋なんだy
 iliorz

 攻略にあった古の祠登頂が気になって、握力初期値で登頂ポイントを探し登頂開始。やっぱりムリムリだったけど、…そこから落下しても死ななかったワンダの耐久力に首を捻る。この人おかしい。角生えてないのに。

 で、やっぱり登頂してみたくって、握力を増やすために光るトカゲ狩り。噂の見晴台へ行って狩った尻尾をもぐもぐし、さて、どうやってトカゲ復活するんだろうなぁ。とりあえず巨像倒せば復活するだろと思ってとって返したら、道を間違え、浜辺に到着。

 …(゜Д゜)海降りれたんだ?!

 その後約10分間、海辺で波と戯れる戦士(男ヤモメ)。
 ワンダにはデフォルトで「ごろごろと無様に転がる」アクションがあるので、波に押されてごろごろごろごろごろごろ…。うっは、ワンダってこんなゲームだったんだぁ、たぁのっすぃー(´Д`*)
 童心を刺激されて浜辺を愛馬と一緒に駆けずり回る戦士。

 で、浜辺を走り回ってて気付く。
 やっべぇー、断崖のへこみかたとか岩の位置とか、xxxのxxと同じぽいよ…!
 一体何年 なんですか。

 …スイカは落ちてませんでした。


 海辺でのひと時に満足して、一応見晴台に戻ったらトカゲ復活してるし。ご馳走様。
 で、岐路の途中(橋渡った先)で知らなかった水場に気付く。アグロ放置で水飲ませて和んだりしてると、側に木肌に苔が生してる立派な木を発見。

 登れそう(゜∀゜*)

 よじよじと登っていくと、蜂の巣…否、あれが噂の木の実か。二つなってるのに気付く。登ったままでは取れない仕様なのか俺のPスキルが足らないのか。射落として美味しく頂く。…これって、トカゲの尻尾の時と同じようにHPバー光るけど、もしかして「HP回復」じゃなくて「HP増強」なのか?(´Д`;)
 そこで大分遊んだのでまた見晴台に取って返すと再びトカゲ復活。ご馳走様。

 そういえば、昔祭壇に登れなくて登れないものと思っていたけれど(゜ρ゜)…
 どうやら登れそうです。つぅか余裕で登れました。昔の俺はどうやら△ボタンの押しが浅かったんだろうな。
 祭壇の頂上からの景色は広大で最高でしたよ。シームレスマップ万歳。

 更に見晴台のすぐ側にやっぱり水場と果物のある木に気付いて登ったり喰ったりして遊んでとってかえすとトカゲさんは復活してなかった。16番目直前の祭壇のトカゲ考察もあるし、トカゲは1ターン(巨像を1体倒すまで)に二回復活という説が有力ではあるまいか。
 10分復活orコンテニューで復活なのかな?待つの嫌な人はセーブ後に見晴台から海原へレッツ投身自殺。…俺はやらんがな。


 で、枯葉の森に取って返して、ふと、ああ、2周目だからマップ真っ白じゃん。祭壇再チェックせなーと、セーブして、ここも登っておくかとぐるりと回ったら、トカゲ居るし。ご馳走様。
 祭壇があるたびに登って何が楽しいかと思われますが、景色がいいですよ景色が。


 一匹目をさくっと倒して、祠再クリフハンガー。初期値よりは大分登れました。
 目に見えて成果が上がってるので、ちょっと真面目にトカゲを狩ろうと再び見晴台目指している途中の枯葉の森の祭壇。いたらいいなートカゲ。…いるし。
 そして祭壇に寄ったせいで道を間違え(枯葉の森は起伏が激しくて景色が薄暗いので狭い中でよく迷子になる)、断崖絶壁のみの行き止まりへ。…あの光ってるの?トカゲ??
 ごちそうさま(´人`)

 そして気付くと、行き止まりに生えている木も登れそう&木の実があるし。
 …でもこれ、射落としたら断崖の下に落ちるよなぁ…?取れないし。
 で、もしかして手を伸ばせば取ってくれるんだろうかと枝を横移動したら、枝さんってばワンダの能力限界までクランクしやがってて絶対たどり着けない仕様だったり。もがもがもがいている内に手を滑らせ落下。死―――――――

 「うっ…!」

 なぬぇ━━━━(゚皿゚;;)━━━━!!

 ちょw「うっ」で済む高さじゃないからね?ホント!下が水だからって膝丈にもこねぇ水が衝撃吸収するかっつのwwww
 …でも、13番目の巨像は下がふわふわの砂地だからって説明のつかない高さを飛ばれてそっから落ちて死ななかったなぁ…。

 ワンダが丈夫な人でよかった!ヽ(´∀`)ノ


 果たして、どうやって上に戻ったものやら。無責任に「アグロー!!!!」とアグロを呼ぶと、…後ろから来るしアグロ。どうやら自分が知らなかっただけでちゃんと道がある模様。
 しかもなんか手近な崖の肌を見ると苔生してるし…。登って帰れたわ。アグロごめん。
 という訳で、登って射落として、降りて木の実回収。登り甲斐のある絶壁って大好き(´¬`*)

 しかも再び登れる木発見。絶壁の下の大きな泉で暫く駆けずり回る。
 攻略には「複数木の実がなってる木もあり」とあるけど、俺が今まで見つけた木は全部二個づつ生ってました。1つしかない木とか三つなってる木とかもあるのかしら。

 その先の岩に囲まれただけのエリアでもどっかにしがみ付けないか登れ無いかとうろうろ飛び回ったり。

 で、大分遊んだので枯葉の森の祭壇ではトカゲが復活していました。ごちそうさま。
 ただ、崖の木の下のトカゲは復活してなかった。復活は祭壇側限定なのかなぁ?

 さて、大分時間食ったが見晴台へ行くぞ!と走って、道を間違えて真北の祭壇についちゃう。…こんな道あったんだ…。

 ※筆者は1周目ラスボスまで画面の光度がだいーぶ暗い状態でプレイしていた(どれくらい暗いかと言うと、4番目の穴の中が全くの真っ暗状態なくらい)ため、枯葉の森はひたすら青暗く、砂丘へ抜けるだけで手一杯だったのだ(だからトカゲにも気付かなかった)。

 まぁいいや、祭壇をマッピングしよ、と祭壇に近づくと、トカゲ居るし。ごちそうさま。

 枯葉の森の祭壇から懸念してきた「祭壇(セーブポイント)には全てトカゲが居る説」が浮上してくる。とすると、トカゲを食うためだけに見晴台まで行くのは非常に馬鹿馬鹿しい。何せ遠いからだ。

 よし、見晴台に行くのはちょっと止めて、こっから最寄の渓谷入り口の祭壇に行って説を検証しよう。と、祭壇に登って広々とした景色をしっかり堪能した後、渓谷入り口へ。

 と、一見、トカゲがいない。「やっぱり今まではたまたまだったのかなぁ」と祭壇をマッピング(セーブ)し、この祭壇も登頂する。景色を眺めた後、降りようと裏側から降りると、トカゲ発見!なんと祭壇の途中から下へとするする降りていく。
 追いかけて下まで降りると、見当たらない。見上げるとトカゲは祭壇の上に健在だった。…どうやら祭壇の上をぐるぐる回っているタイプらしい。
 梃子摺ったが、なんとかご馳走様。

 「見晴台には必ず光るトカゲが居る」という話は大分流布されているが、「祭壇には必ず光るトカゲがいる」という話は聞いたことがない。これが検証できれば、1ターンで15(ラスボス前なら16)×3の最大45匹のトカゲが食えることになる。…そんなに喰う必要は無いけどね!!(一体どれほど握力メーターが大きくなるのか戦慄すら覚える)
 ちなみに祭壇数は俺がカウントした数なので、もしかしたらもっと多いかもしんない。
 あと光るトカゲは、普通のノーマルトカゲと違って、一定範囲をグルグル回っているので、辛抱強く追えば取り逃がすことはないぽい。

 ちなみにこれが、二周目限定の仕様だったら、…まぁ、それはそれでいいや。


 だらだら書いたけど、ワンダと巨像は、二周目以降のマッタリプレイこそが真骨頂であると核心したってことだ。

拍手

PR